この記事をかいた人
かばさん(妻)
かばさん(妻)をフォローする

【築40年】中古の家は実際住めるのか?

熊取町のいろいろ
この記事は約4分で読めます。

ボロ中古一軒家

度々ブログでも紹介しておりますが…
うちは築40年の中古一軒家を購入し、家族3人で暮らしています。
みなさんは築40年の家と聞くとどんな感じを想像しますか?

ぶたさん(夫)
ぶたさん(夫)

おばあちゃん家みたいな感じ?

かばさん(妻)
かばさん(妻)

そのままで住めるの?

そう思う方が多いと思います。少なくとも私たちは、物件を紹介してもらう時そう思いました。

結論、普通に住める!!!
(途中でリフォームされている箇所もありますが…)
文字だけでは説得力に欠けるので、ここから各部屋の写真をお見せします(*^_^*)リフォームの有無なども併せて記載していきます。

新築の家には夢があるが・・・。人生の三大資金を考えた!!

新築の家は綺麗で夢があり、うらやましい気持ちはとても大きいです。が、私たち夫婦は、人生における3大資金(教育資金老後資金住宅資金)の住宅資金にそこまでウエイトを置く必要がないんじゃないかな??という意見が一致したので、家族で仲良く暮らせれば、家は付属品に過ぎないと思い、思い切って少数派の中古物件(しかも築年数が古く安いお家)を購入した次第です。

どちらにしろメリット、デメリットはあると思います。その辺の詳細は、こちらの記事にまとめていますので、是非併せてご覧ください!

家のおおまかな内容

◎購入時点での築年数:41年
◎面積:99.17㎡
◎間取:4LDK
◎価格:780万円

1階リビング(21帖)

LDKの1部屋のみです。1階はクロスの張替えが行われていたので割と綺麗でした。時期は不明です。
広々としたリビングなので、部屋数は少ないですが子供は喜んで走り回っています(笑)角地なので日当たりも抜群!


ソファーにアンパンマンが転がっていますね…


アンパンマンに夢中ですね



キッチン

オール電化にされており、ビルトインIHがありました。こちらも導入した時期は不明です。IH対応でない鍋もあったので、そちらは少し想定外でしたが、IHはお掃除などお手入れがしやすいので個人的には気に入っています。
シールが貼られてたり、綺麗とは言えませんが…全然そのまま使えます!

脱衣所

洗面台が古く、蛇口が緩く水が漏れてくる感じがあったので、洗面台を付け替えました。一番安い一面鏡のものです(笑)脱衣所は狭いです。

お風呂

リフォームされており、エコキュートが付いていました。リフォーム時期は不明です。リフォームされていたのもあり、広くはありませんが気持ちよく使えています!



トイレ

自分たちが入居後にリフォームした唯一の場所です。簡易水洗でお世辞にも綺麗ではなく、これからトイレトレーニングをする息子もいるので、トイレだけは水洗にして綺麗にしようと決めました。
トイレ本体の交換、水洗への工事、床の張替えで計70万円程かかりました(;^ω^)横のタイルは張替えせず、そのまま使っています。前面は100均でクロスシールを購入し、自分で貼りました。



階段

階段から2階にかけては張替えなど全く手を施していないので、古いお家感が漂っています(笑)階段はとても急で、手すりが無いので少し辛いところです…

2階洋室(6帖)

いずれ子供の部屋になろう部屋です。落書きやシールが貼っており、中古感ありありです(笑)リフォームはしていないため、40年前のままです。

2階洋室(6帖)

こちらも中古感が漂うお部屋ですね…



和室(6帖)

どこかの合宿所のような…(笑)ここで毎晩寝ているので、エアコンも購入し取り付けました。

築40年以上の中古の一軒家に結論住めるのか

築40年以上の中古物件でも気持ちよく暮らせます(^^)/
リフォームされていた場所が多々あったのもありますが、自分たちが入居に伴いリフォームしたのはトイレのみです。
入居するにあたって、掃除はとても大変でした。2年程空き家だったのもあり、埃の拭き掃除などを数日かけて自分たちで行いました。(換気扇と2階の拭き掃除は、心が折れてお掃除本舗に頼んだ…笑)



リフォームしていない部屋は中古感はありますが、全然住めます!
毎日風通しで2階は開けているので、部屋全体も暮らし始めてからとても明るくなりました(*^_^*)

今回、写真付きで本当に住めることをまとめました。
今後リフォームが必要になる場所が出てくる可能性は大きいですが、中古物件を購入したことに全く後悔はありません(^^



ここは気を付けて!

物件を選ぶ際は必ず何度か内覧をすることをオススメします!うちは2回内覧させてもらいました。1回目では気付かなかったことや、見忘れてた箇所が出てくると思います。
そして中古物件を考える場合は、雨漏りや白アリ、家の傾き等も気になります。実際、家が少し傾いておりドアの開閉がしにくい物件もありました。

中古物件は特に、現状引き渡しになります。気になることは必ず仲介会社に質問し、後々トラブルがないようにしたいです!

 

ちなみに今の家は熊取町のリウイルトラストというお店で購入しました。

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました