この記事をかいた人
かばさん(妻)
かばさん(妻)をフォローする

ディスカウントスーパー【サンディ】を上手く活用する方法6選

熊取町付近のスーパーやドラッグストア
この記事は約3分で読めます。

スーパー【サンディ】について取り上げるよ。
品揃えはイマイチでも、
値段は他と比較すると桁違いに安いよ!

※熊取店について紹介しています。

店舗によって異なるサービスもあるのでご了承下さい。
全て現時点(2022年11月)の案内です。

 



サンディは他のスーパーと比べて、10円~100円程安い物も!

サンディがどれくらい安いのか、
一般的なスーパーの値段と比較してみます。

※2022年11月時点の価格です。
ここ最近は物価高騰により、徐々に値上がりしている物も多数あるので、
その辺りはご了承ください!

 
商品他のスーパーサンデイ  ※税抜き価格
食パン98円83円
(最近値上がりした)
牛乳198円187円
(最近値上がりした)
ヨーグルト128円99円
(89円の時もあり)
のり 70枚 298円199円
鮭ふりかけ298円159円
なめらかソフト(マーガリン)200円前後139円
他にも…
・練り物
・ハンバーグ
・缶詰
・冷凍食品
・アイス
・お菓子
・菓子パン

この辺りは他のスーパーと比較して
圧倒的に安いです。

【サンディ】がここまで安いのには理由があります

広告宣伝費にお金をかけていない。商品棚もあまり用意しておらず、段ボールから直接取るスタイル。ポイント還元が無い分値段で還元している。

 

豆知識【サンディ】は【サンデイ】でも【サンディー】でもないよ。

ここに店舗の写真を載せる。

 

サンディのセルフレジは、シンプルでわかりやすい!

今主流のセルフレジ。
ポイントカードのボタンを押したり、
クレジットカード支払いのボタンを押したり、
ややこしく感じるレジも多いですよね。。。

サンディのセルフレジは超シンプル!
理由は簡単。
✔クレジット支払いの場合
…店員さんのレジで会計
(事前に声掛けします)

✔ポイントカードが無い
…サンディはポイントカードが無いので、
ポイントカードの操作が省ける

これによって、サンディのセルフレジは
現金でお金を払う操作のみ!

 とってもわかりやすい~

サンディ熊取店は、熊取町役場の向かいにある!

 

サンディ熊取店を使う時の注意点 駐車場、店内はいつも混雑!

駐車場は狭く、満車のことも多々
店内も混雑している時間帯が多い

混んでいる時間帯が多いです!
昼過ぎなどは比較的マシです。

 

サンディ熊取店を使う時の注意点 子供用カートは無し!

子供用カートはありません
小さい子連れは結構大変

子供用カートがなく、店内も狭いので、
ベビーカーも使いづらく子供が走り回ると危ないので
小さい子連れは結構大変です。。。

うちは抱っこ紐で買い物しています。

サンディ熊取店を使う時の注意点 袋は持参すべし!

レジ袋は持参しましょう
透明のポリ袋もありません

サンディのレジ袋はしっかりしていますが、
1枚10円程します。

また、備え付けの透明のポリ袋も無いので、
お肉などを買う時は持参しましょう!

 

サンディ熊取店を使う時の注意点 海鮮類は売っていません!

海鮮類は売っていません

安さが故に、海鮮類は扱っていません。
魚などを買いたい時は、
他のスーパーに行きましょう!

 

【サンディ】を上手く活用する方法6選 まとめ

1.サンディで揃う物はサンディで買う
2.セルフレジで迷う心配なし
3.レジ袋、透明のポリ袋は持参
4.海鮮類を買う時は他のスーパーへ
5.出来るだけ空いている時間(昼過ぎ等)を狙う
6.子連れの場合は抱っこ紐がオススメ
 
\熊取町付近のスーパー/
こちらにまとめています!

※気になるレビュー付! 

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました