副業や起業について大切なことが書かれた本

本の紹介

「これ一冊で全部わかる!資金1万円で起業して成功する方法」山口裕一郎
読書時間:4時間
オススメ度(5段階評価):2
#副業#起業#節約

 

概要

目次が細分化されており非常に読みやすい本です。目次から自分が参考にしたいページを見つけて読むこともできます。全部で49個ある目次から今回は4つにまとめていきたいと思います。

必要な物をそろえる。

必要な物とは銀行やクレジットカード、ネットのアカウントなどをここでは言います。この本の良いところは必要な物を具体的に書いている所です。クレジットカードや銀行口座、メルカリやyahooのアカウントなどが書かれています。どういうものがどういうメリットなのか教えてくれます。これらは申し込むだけなのですぐに実践できます。
銀行であれば、振り込み手数料が無料のところ、クレジットカードであれば年会費を考えたうえで、ポイントが使いやすくてためやすい物を紹介しています。そしてこれらを作るタイミングとしては会社勤めしている時です。会社をやめてフリーになってしまうと個人の信用が少ないため作りにくくなります。

何かを始める時には小さくから。

ここで言う何かとは副業や事業のことです。まずはメルカリやヤフオクで自分の不要な物を売る、ブログやSNSでアフィリエイトを貼って商品などを紹介するなどが手っ取り早くできるものとして紹介されています。そしてその詳しいやり方まで紹介されています。素人がなんの考えもなく会社を辞め起業やお金の融資を受けることは推奨していません。まずは自己資金で事業を起こし、軌道に乗ってきたら融資を受けることが推奨されています。
色々な種をまき、芽が出そうなものにしっかり水を上げるイメージですね。すべてを忘れてのめり込むことができるものが何かを探すことが大切です。

成功者の真似をする。

自分と同じ分野で稼いでいる人を参考にするということです。どのようにやっているのかどのような働き方をしているのか、参考にできるところはすべてやります。その自分より稼いでいる人を見つける方法としてはfacebookやtwitterなどが現在はあります。その方を食事に誘う時は熱意を持って誘い、相手に配慮した場所で会い、食事代もこちらが持つようにします。
成功するためのに無料でやり続けるのは限界があります。そうなると書籍やセミナーなど適正なお金をかけて学ぶ必要があります。適正というのがポイントで、高額すぎる場合はカモにされている可能性があります。同じ情報の相場どれくらいなのか相見積もりの大切さも本書では書かれています。

全部自分でしようと思わないこと。

会計、確定申告、サイト作りなどすべて自分でできるに越したことはありません。ですが、今の時代それらの業務を委託することも可能です。餅は餅屋という言葉があるようにそれらをプロに任せることもできます。必要経費として、お金で解決できるところは解決したらいいです。
会計などを一から勉強するとなるといつまでも自分の業務が出来ません。会計の面でぼられないために少しは自分で勉強しておくことは大切ですが、全部自分で解決しなくても大丈夫です。

実践編

必要な物はそろえる。

銀行口座は振り込み手数料が安い、SBIネット銀行を持っています。そして、クレジットカードはYahooカードですね。メルカリ、ヤフーのアカウントは持っています。今後、もし何か追加ですることがあるとすれば、楽天銀行、楽天クレジットカードを作ることですね。いつでも楽天経済圏に移行できるようにですね。

何かを始めるときは小さくから。

うちではメルカリ、家庭教師、ブログをやっています。どれも初期費用はほとんどかかっていません。メルカリにおいては不要になったもの、捨てるものを売っている感じです。家庭教師はビラ配りに使った3000円くらいです。ちなみにまだ生徒はいない感じですね(笑)。ブログは初期費用を少しだけかけて始めました。

今後どれか一つでも軌道に乗っていけば、どんどん進化させていきたいと思っています。

成功者の真似をする。

先日高校の時の友達が自分のブログを経営し始めました。その方のブログを参照しています。そして、その方に10年ぶりに連絡を取りました。今回は会うことはしませんでしたが、今後もしブログで生き詰まることがあれば相談させてもらおうと考えています。また、ブログの塾(?)みたいなのを一月500円くらいでやっているのを見つけたのでお願いしてみようかなと思っています。先駆者から適切なアドバイスがもらえるのであればこの値段は安いですよね。

全部自分でしようと思わないこと

うちは副業でまだ収入を得ていないため確定申告などはしていないが、今後莫大な収入が出来た時は税理士などにお金を払ってお願いすることになります。そして、ブログの運営は自分たちのスキルになるので自分たちで頑張って行ってみようと思います。会計については自己研鑽も考えて、簿記を今後やっていこうと思っています。

 

まとめ

今回紹介した本は自分で少しでもお金を稼ぎたい人にとっては参考になると思います。なにか怪しいサイトやグループの勧誘をしている本ではないです。具体的に何ができるかわかります。一度手に取ってみるのはありかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました